top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

健康に美容に。体においしいアプリコット アンズの果実

今年も枝にたくさんのアンズの実がつきました。まだグリーンの固い質感ですが丸っこい形に縦割れのラインが入り少し赤味が差してきています。


健康に美容に。体においしいアプリコット アンズの果実


熟れてくるとやわらかい黄赤色、いわゆるアプリコットカラーになります。


たくさん収穫できそうですが、ちょっと枝が込み合ってきているので日光と風通しを確保してあげるとよさそうですね。樹木の冬季休眠期に枝の間引きや剪定を行うことで翌春の花芽が更新されます。


杏子(アンズ):バラ科サクラ属、中国、ヒマラヤ西部からフェルガナ盆地が原産地とされ、4000年以上前から栽培されている古い植物。桃の開花に続いて4月頃に5枚花びらのピンクのかわいい花をつけ、6月頃には結実、収穫となります。


和名「杏子」の他別名に唐桃(カラモモ)もあり、英名ではプラム。ただ日本の店頭に並んでいるフルーツとしてのプラムは「日本すもも」を指していることが多く、ほぼアンズではありません。生食向きの品種もありますが日持ちがしにくいこともありアンズはジャムやシロップ漬け、ドライフルーツに加工されることが多いようです。


栄養面ではβカロテンの豊富さが群を抜き、目や皮膚の健康を保つ、消化器を丈夫にする他、カリウムなどミネラルによる高血圧予防、貧血予防、食物繊維による便秘解消効果も。


冷え性やアンチエイジング効果も期待されるので、梅雨時期の冷房による冷えや紫外線に備えた美肌対策もサポートしてくれそうですね。


杏子の種子は杏仁豆腐でお馴染みの「杏仁」(きょうにん)。

漢方薬としても使われる食材で、腸と肺を潤すとされ咳や喘息、またお肌の潤い「美肌」効果が高いとされています。果実から種子まで体においしい植物です。

Comments


bottom of page