top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

和庭(日本庭園)の手入れ

和庭(日本庭園)の手入れは、その美しさを保つために手入れが非常に重要です。

年一度のお手入れなど中々細かい所まで手入れが行き届かない場合もありますが、

日頃から少しずつ除草などをしておくだけでも長く美しさが維持されます。




基本は除草や落ち葉清掃などを行い落ち葉や枯れた枝、雑草などを定期的に取り除くことで、庭の清潔さを保ちます。


樹木の剪定は年一回のお手入れだと、どの樹木に剪定時期を合わせるかで施工のやり方は異なります。

今回のお庭はさつきツツジなどがあり、本来であれば花後の時期に刈り込むのがベストですが、樹木の剪定と除草を合わせるのであれば今の時期でも手入れは可能です。




和庭には欠かせない苔は和庭の美しさを際立たせる要素の一つですが、過度な湿気や日照不足で病気になりやすいので、適切な手入れが必要です。


石は和庭の主要な要素の一つです。石の配置や角度を時折調整することで、庭の雰囲気を保つことができます。また、石を清掃して苔や汚れを取り除くことも重要です。


土の状態を良好に保つことで、植物の健康を保ちます。また、砂利や白砂を使った部分では、定期的に砂利をならすことで、美しい模様を保つことができます。


和庭は四季の変化を楽しむためのものです。季節ごとの手入れや植物の選択、配置を変えることで、四季折々の美しさを引き出すことができます。


和庭の手入れは、庭の大きさや要素、季節によって異なるため、一概にもこの時期にという決まったものはなく、一般的な剪定時期に合わせるのが良いかと思います。 




今回は、施主様のお孫さんが喜んでくれた皐月のハート作りの刈り込みがポイントとなりました。





bottom of page