top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

新しい年をスッキリとスタート。浄化のハー ホワイトセージ

「浄化のハーブ」と呼ばれるホワイトセージ。ヨガや占い、リラクゼーションを行う空間で白い煙を立ち昇らせて気を整えているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。


ホワイトセージ

 

ホワイトセージ:シソ科サルビア属、米国南部、メキシコ原産、葉には細かな毛があり油分が含まれています。葉をこすると強い芳香があります。秋に植え付け開花は5月~8月の夏季、陽当たりのよい場所、風通しのよい場所を好み、夏の暑さや梅雨時期の蒸れが苦手なので剪定はしっかりと。また冬場は‐5℃まで耐えるそうですが室内管理の方が良いかもしれません。


浄化法としてよく使われているのがホワイトセージのドライ(乾燥)葉で、スマッジングと呼ばれるネイティブアメリカンの古い時代からの儀式、場所や人々の邪気を払い神聖な空間をつくるための浄化法です。剪定の際にとっておいた葉や、大きく育った茎をまとめてドライにしておくと浄化アイテムになりますよ。


神秘的な雰囲気を醸し出すスマッジングですが、特別なことでなくともちょっと気を変えたいな、スッキリしたい、リフレッシュしたい、という時に活用するのも良い方法。ホワイトセージのドライ葉1枚に灯をつけて消し煙を漂わせるだけでもできますし、ドライ葉が手に入らなければ、お香やフレグランスにホワイトセージがブレンドされたものも市販されているので香りを利用するのも手軽でよいですよね。


昨年からのモヤモヤをスッキリさせたい、気持ちをリフレッシュしたい、転職や進学、引っ越しで新しい場所に移った時。ニュースや情報で気持ちが不安になった時にも。。。ハーブのチカラを借りてみはいかがでしょう。

Commentaires


bottom of page