top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

瓔珞または女王の涙。神秘的な植物「ヨウラクツツアナナス」

庭木、石が重なった場所のスキマからひょろりとのびる植物。気候が暖かくなるにつれ、その先端はカラフルなピンク色に。そして独特の配色で神秘的な雰囲気のある花を咲かせました。


瓔珞または女王の涙。神秘的な植物「ヨウラクツツアナナス」

「ビルペルギア・ヌタンス」、和名「瓔珞(ようらく)ツツアナナス」ブラジル原産のパイナップル科ツツアナナス属、どうやら木や岩に着床しそこから伸びてくる植物のようです。


また葉の部分が筒状に重なり合っていて、そこに雨水を溜め、葉から直接水分と養分を吸収できるので、根っこに土壌が少なくても育つことができるツワモノです。


環境適応能力も高く、南半球出身植物ながらもマイナス5℃くらいまで耐寒性があり、実際我が家でも軒下で何十年も越冬しています。とてもたくましいですね。


花茎は弓なり状にのび、10個程の花が垂れ下がるようにつき、先端はグリーンの3弁花が反りかえって開いています。


名前の瓔珞(ようらく)というのは、昔の人の髪飾り、珠玉を連ねた首飾りや腕輪などインドにおける装身具のこと、また仏像の首や衣服につける装飾具という意味。

また英語名では「女王の涙」とも呼ばれています。


オリエンタルな色彩と首飾りのような優雅なスタイル、そして暑さ寒さにも耐え土がなくても育つ逞しさ。


日本の植物の中にツツアナナスが咲くと、濃いピンク色がかなり鮮やかでちょっと毒々しくさえ感じます。かなり目を惹く神秘的な植物ですが、強く美しい東洋の女王や要録の名にふさわしい植物です。



この記事を読んだ人におすすめです^^ 




---------------------------------------------------------------------


面白い植物の事から庭木の事など色々


随時Facebookにて更新中です🌸


インスタグラムは日々の仕事や山暮らしの事などUPしてます^^

今日も三重県のお庭に🌺




Comentarios


bottom of page