• 三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

世界の侵略的外来種その1 ランタナ


~ランタナ~

 ランタナは赤や橙、黄色や白などの様々な花色をつける、南アメリカ原産の低木です。

和名では、花の色が微妙に変化するとこから七変化(シチヘンゲ)といいます。

可愛い花ですが繁殖力が旺盛なため「世界の侵略的外来種ワースト100」に指定され、自然環境を乱す花とされています。


■ランタナの花の時期は長く、5月から10月頃まで咲き続けます。

地植えだと真夏以外は特に水やりの必要もなく、天然の雨で生育します。

一般的に家庭でよく植えられているのは低木のランタナ・カマラで、他にも花が小さいコバノランタナや矮性のランタナヒプリがあります。

■ランタナの剪定は、年中いつしても大丈夫です。枝が茂り過ぎると樹形が乱れるので、花が咲き終わると切り戻しをしましょう。

ランタナは誰にでも育てられる強い花木で、挿し木でも簡単に増やすことができます。

5~6月か9~10月に、その年に新しく伸びた枝を15㎝ほどに切って鹿沼土地などに挿し木します。

#ランタナ