• 三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

生きた化石 イチョウの木


黄葉したイチョウ並木は秋を感じさせてくれる風物詩ですね。

神社やお寺では一体樹齢何年になるのだろう?というような大木も見かけます。

他にない個性的な葉の形、くさい(失礼!)においを発する銀杏など、

かなりの強烈キャラですよね!


イチョウは恐竜がいた時代よりも前から存在していて、

約2億年前には地球上で最も広く分布していた樹木なのだそうです。

その後多くの生き物が滅んでしまった氷河期も乗り越えました。

江戸時代、長崎にきたシーボルトがヨーロッパではすでに絶滅していた

イチョウをみて驚いたという話が残っています。

抜群の生命力で、「生きた化石」といわれるのも納得ですね。

大学の構内にもよく植えてあって、そのせいか哲学的な雰囲気も感じられます。

そういえば茶碗蒸しに入ってる銀杏もちょっとほろ苦くて、

哲学的な味がしないでもありません。   

真っ赤に染まりました!