• 三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

レッドロビンの気になる剪定の時期は?


紅く燃えるような新芽が美しいレッドロビン(和名はベニカナメモチ)。

生け垣としてよく利用されています。


写真は3月のものですが、紅い芽があちこちから伸びてきているのがおわかりでしょうか。

丈夫な樹木ですが、格好良い生垣に仕立てるには、剪定が重要です。

上の方は生育旺盛ですから剪定し、下の方に枝をたくさん出させます。

こうすることによって、生け垣としての役割を果たせるものに成長していきます。

気になる剪定の時期ですが、目安は3月、6月、9月です。

こまめに剪定することが大事になってきます。

3月は、新しい芽がたくさん出てきますので、伸びすぎている枝を切って整えます。

剪定しすぎてしまうと、紅い新芽を鑑賞できなくなってしまいます。

この春の新芽が緑色に変わった後の6月は強剪定して生け垣の形を作っていきます。

そして、夏が終わった9月が最も重要な剪定時期で、この剪定の後に出る紅い新芽は冬の間鑑賞できます。

つまり、紅い葉を長く鑑賞できるように剪定する時期を定めるのです。

ちなみに6月でしたら、剪定した枝を挿し木することもできますよ。

#ソライター

| 森林整備

会社所在地
〒510-1326  三重県三重郡菰野町杉谷2304-1

​TEL :059-340-7479

剪定屋空-sora- 三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店

  • 剪定屋空植物アレコレFacebook
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 剪定屋空Twitter最新ご予約情報
  • Pinterest
  • 黒のYouTubeアイコン
four Leaf Clover.png
line_f_btn.png

Copyright © 2015-2020 https://www.senteiyasora.com All Rights Reserved.