top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

山の守り

写真の中に映る一人の老人。こちらの画像は画像生成AIで生成したものです。




彼は日本の豊かな森林の中で、黙々と山の手入れをしています。彼の背後に広がる森は、国土の大部分を占める日本の誇り高き財産です。しかし、その豊かさは長い時間とともに、人々と共に息づいてきた歴史の証です。先人が山を刈り、山を守り、山と共に生きてきたからこそ、今の私たちがその恵みを受け続けることができます。 しかし、現代ではその山への入り口が少なくなり、山と人との共存が薄れてきています。山を訪れる人々が少なくなり、山の手入れをする人々も減ってきています。その結果、古き良き山の文化が失われつつあります。 だからこそ、この老人の姿は貴重な存在なのです。彼は一人で山を守ろうと、毎日黙々と山仕事を続けています。彼の存在は、失われつつある山の文化を継続し、未来の世代へと引き継ぐための大切な繋がりとなっています。 彼の心境は、どんなものでしょうか。それは、きっと山への深い愛情と、山と共に生きる人々への責任感から来るものでしょう。彼は山と人々をつなぐ架け橋となり、山の恵みが未来へと続くことを願っているのかもしれません。


だからこそ、彼の黙々とした作業は、未来への希望と願いを込めたものです。彼が日々行っている山仕事は、日本の豊かな森林がこれからも人々に恵みを与え続けるための、大切な一歩なのです。

Comentários


bottom of page