top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

マンション緑地管理作業事例


マンション緑地管理作業事例


家の外側にある緑地は、秋には紅葉、春には桜が咲く。その様子を見ながら風を感じたり。

でも、緑地を見ることはもちろん大事かと思いますが、緑地の管理運営も大切です。 ここではマンションの緑地管理作業事例を紹介します。


緑地管理作業事例

事例内容

緑地管理作業とは、緑地の土壌や草木の改善を目的とした作業です。緑地管理作業のメリットは、除草剤や薬剤を極力使用せずに自然な形で整備することができます。



事例詳細1

今回の事例は計画的に剪定作業を行っている内容です。


緑地管理作業

管理、剪定など庭の仕事を担う私たちは、緑地の樹木を手入れすることで、自然な生育環境を作り出しています。

この事例のメリットとしては、以下のようなものが考えられます。剪定は都市の緑地を維持し、豊かにする。


このようなメンテナンスを続けることは、都市の持続可能性を維持するために重要である。ボランティアや学校がこれらの業務に参加すれば、素晴らしい教育の機会になります。




剪定とは、樹木の形を維持し、新しい枝に更新するために枝を切ることである。剪定という言葉は、主に樹木に対して使われます。庭木を毎年良い状態に保つために剪定することも剪定といいますが、果樹を実らせるために剪定するなど、さまざまな意味を持ちます。

剪定道具

庭木の剪定も、「小透かし剪定」「大透かし剪定」などさまざまな手法があり、非常に複雑な作業である。最近では、山から採ってきた木を自然な形で植えることが多くなってきており、自然で美しい姿にするための剪定方法もさまざまです。


現在市販されている剪定道具にはさまざまな種類があり、種類によってメリット・デメリットがあります。例えば、柄が長くて腰をあまり曲げなくて済む道具、屋内でも屋外でも使える道具、刃が小さくて力の弱い子供や高齢者でも使いやすい道具、左利き専用の道具などがあります。





結論として、緑地の維持管理は決して難しいものではありませんが、庭や緑地を管理する側にはある程度の覚悟が必要です。知識や技術、経験から色々な事に対応していかなければなりません。

Comentários


bottom of page