庭木害虫大図鑑とは日々庭に立ち向かう勇者達へ庭木の消毒や害虫対策を指南した大図鑑です。

​オトシブミ類

産卵や摂食で新梢や花蕾、葉柄を傷つける 登録農薬はないため、新梢や花蕾は黒く乾固して枯れる。 新梢の萎凋に気付いたら、成虫を捕殺又は農薬散布により駆除する。 ​オトシブミ類に適用のある登録農薬はないため、他の害虫防除による併殺効果に委ねる。

​【発生時期】

​4月の初旬から8月初旬

​【発生樹種】

​サルスベリ,バラ,ウバメガシ,ハマナス,ラズベリ-

​コガネムシ類

コガネムシの一種で年1回の発生、幼虫で越冬し、成虫は6月~9月に出現するが、食害は7月~8月の盛夏に目立つ。捕殺又は農薬散布により防除するが、外部から飛来する場合、効果は現れにくい。  幼虫の時によくカブトムシの幼虫と間違え採取することがある。

​【発生時期】

​5月の下旬から10月中旬

​【発生樹種】

イヌマキ,ウバメガシ,カキ,クリ,ブドウ,クヌギ,桜,​ヤナギ,ハギ,コナラ,

【適応薬剤】

​アドマイヤ-1粒剤

​ヘリグロテントウノミハムシ

見た目はかわいいが、ヤナギ類の重要害虫で、幼虫・成虫ともに 葉を食害し、多発すると樹は丸坊主になり、樹勢が衰えるとともに美観を損ねる。 成虫は、早朝か夕方、樹の下に白い布を広 げて樹を急に揺すると落下するので、たやすく 集めることができるが、多発の場合、農薬散布により防除する。 適用のある登録農薬はないため、他の害虫防除による併殺効果に委ねる。

​【発生時期】

​3月の下旬から9月下旬

​【発生樹種】

柊モクセイ,金木犀,ヒイラギ,銀木犀,イボタノキ,

​ヤナギルリハムシ

ヤナギ類の重要害虫で、幼虫・成虫ともに葉を食害し、多発すると樹は丸坊主になり、樹勢が衰えるとともに美観を損ねる。 成虫は、早朝か夕方、樹の下に白い布を広 げて樹を急に揺すると落下するので、たやすく集めることができるが、多発の場合、農薬散布により防除する。

適用のある登録農薬はないため、他の害虫防除による併殺効果に委ねる。 

​【発生時期】

​4月の初旬から11月下旬

​【発生樹種】

​ドロノキ,ポプラ,シダレヤナギ,ネコヤナギ,イヌコリヤナギ,

​アゲハ

幼虫は5月下旬に出現し、11月まで見られ るが世代交代の時期ははっきりせず、若齢~老齢が混在する。 卵は卵塊ではなく1粒づつ産むので、幼虫が群生することはないが、老齢幼虫の食害量はかなり多く、見つけ次第捕殺する。 多発した場合は農薬散布が必要となる。 

​【発生時期】

​5月の下旬から11月下旬

​【発生樹種】

柑橘類、サンショウ、カラタチ 

【適応薬剤】

デルフィン顆粒水和剤〔柑橘〕

ファイブスター顆粒水和剤〔柑橘〕
アニキ乳剤〔柑橘〕 (アゲハ類)

オリオン水和剤40〔柑橘〕

モスピラン水溶剤〔柑橘〕

ダントツ水溶剤〔柑橘〕

マッチ乳剤〔柑橘〕 

​イラガ類

年2回(6月中旬~、8月中旬~)発生し若齢時は群生して葉裏のみを食害、中齢以降は 分散し、葉縁から摂食する。 越冬まゆを除去したり、群生する若齢幼虫 を葉又は枝ごと摘除する防除法は有効である。触るとかなりひどい炎症になる。

​患部をこすらないで流水で流し病院に行く。

​【発生時期】

​6月の中旬から10月初旬

​【発生樹種】

カエデ類、サクラ類、ウメ、 ナンキンハゼ、アメリカフウ、 カキ、ヤマモモ、ホルトノキ、 シャシャンボ、ザクロ、ミカン、 ブルーベリー、シラカシ、 ウバメガシ、サザンカ 

【適応薬剤】

トアロー水和剤CT〔樹木類〕

サンヨール液剤AL 〔樹木類〕
マラソン乳剤〔カキ〕

スミチオン乳剤〔カキ〕

ノーモルト乳剤〔カキ〕

マブリック水和剤20〔カキ〕 

年1回の発生、小枝に帯状の卵塊で越冬するので卵は見つけ次第駆除する。

幼虫は、枝の分岐部等に天幕状の巣を張って群生する。

天幕状の巣に群生する若齢・中齢幼虫に は油を浸み込ませた布を竹棒の先端に巻き、火をつけて巣を直接焼く防除法は有効とされる。

​【発生時期】

​3月の中旬から6月初旬

​【発生樹種】

サクラ類、梅、モモ、

​バラ、りんご、シャリンバイ、松

【適応薬剤】

トレボン乳剤〔樹木類〕 

マブリックEW 〔ウメ〕

年1回の発生とされるが、6月下旬~7月中 旬と9月中旬~10月上旬の2回、孵化幼虫が 出現する。 越冬幼虫をコモごと焼却する「コモ巻き」は 冬の風物詩であるが、益虫(クモ、ヤニサシガ メ)の駆除につながるとの指摘もあり、中止した所も多い。 

​【発生時期】
​3月の中旬から10月下旬
​【発生樹種】
アカマツ、クロマツ、 ストローブマツ、 ゴヨウマツ、カラマツ、 タギョウショウ 
【適応薬剤】
スミパイン乳剤〔マツ〕
オルトランカプセル〔クロマツ、アカマツ〕
マツグリーン液剤2〔マツ〕
アトラック液剤〔マツ〕
​ウスバフユシャク
年1回の発生で、新葉の展開に合わせるように出現し、単独で葉を食害して不規則な食痕を残す。 出現期間は短く、食害量も多くはないが、新葉が不規則に傷つけられるため見栄えは悪く なる。 発見次第、捕殺する程度でよい。
​【発生時期】
​4月から5月下旬
​【発生樹種】
サクラ類、モモ、ウメ、 カエデ類、レッドロビン、 マルメロ、ハナカイドウ、ボケ、ハマナス 
【適応薬剤】
トレボン乳剤〔樹木類〕
シ エスマルクDF〔樹木類〕
イオマックスDF〔樹木類〕
オルトラン水和剤〔柑橘〕 
​ユウマダラエダシャク
年2~3回の発生で、幼虫越冬するとされる。多発すると、猛烈な勢いで葉柄まで食べ尽くし、新梢の茎だけが残る無残な姿となる。 
​【発生時期】
​6月初旬から8月初旬
​【発生樹種】

マサキ、キンマサキ、 マユミ、コマユミ、 ツルマサキ 

【適応薬剤】
カルホス乳剤マサキ〕 (シャクトリムシ類)
トレボン乳剤〔樹木類〕
エスマルクDF〔樹木類〕
バイオマックスDF〔樹木類〕
ルトラン水和剤〔柑橘〕
(エダシャク類)
スミパイン乳剤〔樹木類〕  

年1回の発生で、8月上旬に幼虫が出現し、  群生するが、成長は極めて早く、食害量も多 いので、被害は短期間で拡大する。

群生枝葉の摘除が有効であるが、高木では被害が拡大してから発生に気付くことが多い。

​【発生時期】
​3月の初旬から10月下旬
​【発生樹種】
ウメ、サクラ類、モモ、  アメリカザイフリボク、  
【適応薬剤】
オルトラン水和剤〔サクラ〕
ジェイエース水溶剤〔サクラ〕
チューリサイド水和剤〔サクラ〕
バシレックス水和剤〔サクラ〕
マトリックフロアブル〔ウメ〕 

成・幼虫ともに枝葉から樹液を吸うため樹の生育が悪くなるとされるが、むしろ幼虫が分泌する白色綿状物質が枝葉に付着することにより著しく美観を損ねる被害が大きい。 美観上問題となる場合は、幼虫発生期に農薬散布により防除する。 

​【発生時期】
​6月の初旬から9月下旬
​【発生樹種】
ツバキ、サザンカ、 柑橘類、モッコク、 アラカシ、クロガネモチ、 ウバメガシ、カエデ、 アジサイ、キンモクセイ、 アオキ、カナメモチ、 サンゴジュ、ナンテン、 マサキ、ボケ 
【適応薬剤】
マラソン乳剤〔柑橘(ナツミカンを除く)
ベニカDスプレー〔マサキ〕 
チャドクガ
年2回の発生で、若齢幼虫は葉裏に群生して葉裏のみを食害、成長とともに、葉縁から食 害するようになり、大発生すると食害量は甚大 となる。 集合性が強いので、整列している葉を摘除 すれば、被害の拡大を防げるが、分散したり、 大規模な発生の場合は農薬散布が必要となる。 農薬散布後も気をつける事が、チャドクガの毛が枝や葉などに付着していると、それを触れてしまっただけでも、かなりの痒みと炎症を起こします。 剪定屋空では、市販薬や病院でもらう塗り薬と合わせ、びわの葉エキスを水で薄めた物を、使用しています。
​びわのエキスは痒みなどをかなり抑えると思いますが、個人差などがあると思われ、一度パッチテストをしてから使用する事をお勧めします。
​【発生時期】
​5月初旬から10月初旬
​【発生樹種】
ツバキ、サザンカ、 ナツツバキ、チャ  
【適応薬剤】

オルトラン水和剤〔ツバキ類〕

カルホス乳剤〔ツバキ類〕
トクチオン乳剤〔ツバキ類〕(ドクガ類)
スミパイン乳剤〔樹木類〕 

会社所在地
〒510-1326  三重県三重郡菰野町杉谷2304-1

​TEL :059-340-7479

剪定屋空-sora- 三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店

  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook
four Leaf Clover.png

Copyright © 2015-2019 https://www.senteiyasora.com All Rights Reserve      d.