top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

サクラサク。2024桜の開花予想がでましたね サクラの花芽

2024年第一回桜開花予想。まだ寒さ厳しい1月中旬、ウェザーニュースでは早くも桜の開花予想が登場。え?もう春の話?と気が早いようにも思えますが、九州では例年3月に入ると開花スタンバイの状況、うかうかしていると春はあっという間にやってきます。


開花予想としては「各地とも例年より早い」「ソメイヨシノは3/16福岡スタート」「東京は3/17」という予測がでているようです。(記事を書いている間に出た第二回予想では東京3/20日に)

さらにニュースのコメントに「休眠打破が遅れる可能性」という記述も。


「休眠打破(きゅうみんだは)」とは、その夏にできた花芽の成長が秋に一旦止まり「休眠」し、冬の5℃前後の低温下に一定期間晒されることにより目を覚ますこと。そこから再び成長をはじめ開花につながる、寒さが植物の眠りを破り成長していく生態のことです。桜のような植物はただ暖かくなれば開花するわけではなく、花を咲かすためには「冬の寒さ」が必要というわけなのですね。


昨年末は春のような日もあり太平洋側では冷え込みが長続きしなかったため、この休眠打破の進みが鈍いエリアもありそうだということ。


サクラの開花には寒さが必要で、単純に暖かくなれば桜が咲くというわけではないのですね。


サクラサク。2024桜の開花予想がでましたね サクラの花芽

画像は1月時点の九州での桜の樹の様子、まだまだ開花の兆しもなく固く閉じた状態ですが花芽が少し大きくなっているような。サクラサク。春は少しずつ近づいてきているようです。


染井吉野(ソメイヨシノ):バラ科サクラ属、日本原産、日本にある桜の80%がソメイヨシノだと言われています。


ウェザーニュース:2024第1回桜開花予想

ウェザーニュース:2024年第2回桜開花予想

bottom of page