• 三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

触っちゃダメ!センニンソウ

少しずつ涼しくなってきて、気持ちよさそうに咲いているのはセンニンソウです。





小さな白いお花を咲かせるこのセンニンソウですが、この白く見える部分は、ガクです。めしべとおしべが多いのも特徴です。こんなにかわいい植物ですが、毒があり、馬でも食べないことから、「ウマクワズ」とも呼ばれています。センニンソウのように、お花だと思っていた部分が実はガクだったという植物は植物界の中では多数あります。植物って不思議ですよね。

センニンソウは夏から秋にかけて咲きます。

さて、気になる毒についてですが、まず私はたべたことがありませんので、食べたらどうなるかはわかりません・・・。触るとかぶれて水疱ができると言われています。身をもって皆さんにご紹介できないのは残念ですが、もしこのセンニンソウを見つけても、触らないようにしてくださいね。とってもかわいいので触りたくなるかと思いますが、我慢しましょう。

お花が終わったあとは、ふわふわの毛がつき、そちらがまるで仙人のひげに見えることから名前がついたそうです。もしお庭にセンニンソウがある場合は、花が咲き終わった後も観察してみてくださいね。