top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

さんぽ道のお庭バーチャルマップ制作プロジェクト


鈴鹿市山本町にあるさんぽ道にて、バーチャルマップ制作打ち合わせに行かせていただきました。


カメラはRICOH THETA Z1 編集ツールは360.bizを使用します。


さんぽ道のお庭バーチャルマップ制作プロジェクト

撮影時には、すぐ隠れないと人影が写ってしまうので即座に退避!



三重県 バーチャルマップ
三重県 バーチャルマップ制作

マップ上に360°画像を配置して画像を擬似的に繋げる事により誰でも360度バーチャルコンテンツが作成できます。


合わせてフォトグラメトリ(Photogrammetry)の撮影も行いました。



3DCGモデルを作成するPIX4Dなどのツールを使用することで2Dと3D


情報を統合して生成されたデータを使用し仮想空間内を自由に動くことも可能です。 フォトグラメトリを使った植物3Dモデルの撮影はなかなかコツが必要そうです。




剪定屋空ではバーチャルツアーを提供するバーチャルマップ事業部を展開しております。私たちは、自然や環境に特化した空間を探検できるような、インタラクティブな体験を作り出すことに特化しています。 自然環境や生態系について学ぶインタラクティブな教育リソースなどを作成し、これらの重要な自然地域に対する認識と理解を高めるのに役立ちます。



バーチャル野生動物保護区ツアーなどのバーチャルな保護活動を行うために使用され、人々は実際にその地域を訪れることなく、保護活動を支援し、絶滅危惧種について学ぶことができます。


バーチャルマップは、森林破壊の広がりや自然災害後の生態系の回復など、自然環境の経時的な変化を監視・追跡するために使用することができます。この情報は、保全や管理の取り組みに活用することができます。


バーチャルマップは、環境、自然、森林にとって多くの利点があり、自然保護や持続可能な観光を促進するための有用なツールとなり得るのです。


私たちのチームは、最新のテクノロジーを駆使して、360度の画像や動画を撮影し、実際にそこにいるかのような感覚をお客様に提供します。バーチャルマップは、人々が物理的にそこに行くことなく、リモートでさまざまな場所を探索し学ぶことができます。


バーチャルマップがどのようにあなたのビジネスをオンライン上で目立たせることができるのか、お気軽にお問い合わせください。


バーチャルマップは、森林、国立公園、湿地帯などの自然地域を巡るバーチャルな自然観察路やガイドツアーを作成するために使用することができます。このようなバーチャルツアーは、これらの地域に生息する植物や動物、またこれらの環境のユニークな特徴や生態学的な重要性について、人々が学ぶのに役立ちます。


バーチャルマップは、自然界や自然保護の重要性について学ぶためのバーチャル展示やインタラクティブなディスプレイの作成にも利用できます。たとえば、気候変動がさまざまな生態系に与える影響についてのインタラクティブな展示や、特定の地域の生物多様性を紹介するために、バーチャルマップを使用することができます。


バーチャルマップは、森林破壊の広がりや自然災害後の生態系の回復など、自然環境の経時的な変化を監視・追跡するために使用することができます。この情報は、保全や管理の取り組みに活用され、これらの重要な自然地域を保護・回復するための資源や取り組みの優先順位付けに役立てることができます。



仮想の自然遊歩道または森林のガイド付きツアーを作成します。


バーチャルマップを使用して、森林のさまざまな植物、動物、生態学的特徴を強調したバーチャルな自然遊歩道やガイドツアーを作成します。森林生態系、生物多様性や気候変動に対する森林の重要性、地域社会における森林の役割などに関する情報を盛り込むこともできます。


バーチャルマップを使って、人間活動が森林に与える影響を紹介する。


バーチャルマップを使って、伐採、農業、都市化など、さまざまな人間活動が森林に与える影響を説明することができます。これにより、これらの活動がもたらす影響と、持続可能な土地利用の重要性を学生が理解するのに役立ちます。


森林へのバーチャルな遠足を実現 バーチャルマップを使用して、森林へのバーチャルなフィールドトリップを作成することで、学生やその他の学習者が実際に森林を訪れることなく、これらの環境を探索し、これらの生態系の背後にある科学について学ぶことができます。これは、リソースが限られていたり、森林に簡単にアクセスできない地域にある学校やその他の教育機関にとって、特に有益な方法です。


バーチャルマップを使用して、森林の経年変化を監視・追跡する。森林破壊の広がりや自然災害後の生態系の回復など、時間の経過に伴う森林の変化をモニタリングし、追跡するためにバーチャルマップを使用することができます。この情報は保全と管理の取り組みに活用され、重要な自然地域の保護と回復のための資源と努力の優先順位付けに役立ちます。


全体として、バーチャルマップは森林における環境教育に多くの利点をもたらし、保全と持続可能な土地利用の実践を促進する有用なツールとなり得るのです。



インタラクティブな要素を追加する。バーチャル ツアー、クイズ、教育リソースなど、インタラクティブな要素をバーチャル マップに追加して、視聴者の興味を引き、教育することを検討します。

バーチャル・マップを共有し、宣伝します。バーチャル・マップが完成したら、視聴者と共有し、ソーシャルメディアやその他のチャネルで宣伝します。また、バーチャルマップとその保護メッセージの普及を支援するために、保護団体や他のグループと提携することを検討することもできます。

これらのステップを踏むことで、環境保護と自然界の重要性について人々に伝えることができるバーチャル・マップを作成することができます。


環境保全や森林教育の支援にさまざまな形で活用できる強力なツールをご提供させていただきます。



撮影機材


・360°カメラ  insta360 ONE X

insta360 ONE X2

        Ricoh THETA Z1

・ドローン   DJI phantom4

        DJI マビック2 zoom

・カメラ    Nikon Ⅾ500

        Panasonic G9pro

オリンパスOM-D E-M1mark2

        ライカQ2

GoPro HERO8








コメント


bottom of page