top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

別名マルバハッカ。白色のフワフワの花「アップルミントの花」

丸みを帯びたガサガサ感のある葉、茎の先に穂先を伸ばし、アップルミントの花が咲いています。


別名マルバハッカ。白色のフワフワの花「アップルミントの花」

グリーンの葉に映える白い花は、小さな花が集まった集合体。全体がフワフワした毛に覆われているかのようです。


開花時期は7月から9月頃までが定番で、夏の暑さにも負けずスッキリとしたホワイトカラーで次々と可愛らしい花をつけてくれるので、香りだけでなく見た目にも清涼感。


冬には枯れてしまいますが、とにかく強い植物なので、毎年いつの間にか復活しています。


アップルミント:シソ科、ハッカ属、ヨーロッパ、西アジアを原産地とするハーブです。


ハーブの代表ともいえるミントの中でも、かなりポピュラーで育てやすいこと、スッとした清涼感と青りんごのような爽やかな香りも好まれ、栽培されている方も多い植物。


特徴的な丸い形の葉から別名に「丸葉薄荷(マルバハッカ)」、葉の表面が細か毛でおおわれているので「綿毛のようなミント=ウーリーミント」とも呼ばれます。


ハーブティーなら、開花前の葉の柔らかい時期がおすすめですが、開花時は香りも高くなるので、切花のように飾っておくのも良いですね。


水に差しておくだけで活き活きと葉を茂らせ、長く楽しめますよ。


ハーブの効能としては、ミント特有の清涼感、スッキリ感、リラックス効果。カラダには消化を助ける働き、血管の老化、シミシワなどを予防する抗酸化作用も。


アップルミントティー、またフレッシュ葉をレモンと共に冷蔵庫で水出ししミントウォーターにしておけば夏の爽やかな飲み物として、また拭き掃除に利用すれば、爽やかな香りでスッキリ。おすすめですよ。

bottom of page