top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

夏のカラーリーフ コリウス

夏のカラーリーフにぴったりの葉物の植物です。主に葉を鑑賞し、初夏から秋まで楽しめます。真夏は葉の色が日光で褪せてしまうので出来れば明るい半日陰の方が良いでしょう。


夏のカラーリーフ コリウス

摘心を繰り返してわき芽を増やしたら、こんもりとキレイな形に育ちます。コリウスだけで寄せ植えをして、こんもりと育てたら高級感が出ますよ。


コリウスは種類が豊富で何と100種類を超えます。色や形も様々で寄せ植えにもピッタリですよ。花を咲かせると葉の色が悪くなり、生育も弱まるので花穂は摘み取りましょう。


花言葉は「かなわぬ恋」「健康」「恋の望み」などがあります。


コリウスは水栽培も出来ます。6枚くらいの葉をつけてコップに挿しておきましょう。日の当たらない明るい場所に1ヶ月ほど置いておいたら、根っこや葉が出てきます。そうしたらもう土に植えても大丈夫です。コリウスは中々お値段の方も・・・これで増やせたらお得に感じます(笑)。 キレイなコップや器にコリウスを挿しておくだけでも素敵ですよね!しかも枯れないので。少しの間のインテリアとしてもいいかもしれません。


豆知識ですがシソありますよね。シソはバッタなどの被害にあいやすくて、収穫どころではなくなったりしませんか?筆者も毎年シソを植えているのですが、虫やバッタなどに食べられて途中からダメにしてしまいます。

そこで同じシソ科のコリウスをシソの周りに植えると、虫がつかなくなるようです。コンパニオンプランツといって、シソの害虫を遠ざけるみたいですね。

この方法だと、ほとんど大丈夫らしく秋まで収穫が出来るみたいです。


筆者も来年は、この方法で挑戦してみたいと思っております。見た目もコリウスと同化しますし、違和感はなさそうですよね。 葉を食するので出来るだけ農薬なしで収穫に持っていきたいと思います。

bottom of page