top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

造園とAI 造園における人工知能の役割

人工知能は、私たちが景観を作り、維持する方法を変えつつあります。人工知能は、私たちが景観について考える方法さえも変えてしまうのです。しかし、もしあなたが景観設計やメンテナンスに新しい技術を取り入れる準備ができているのであれば、ぜひご一読ください。


この記事では、人工知能(AI)が景観設計に適用されている方法と、あなた自身がその利用を検討すべき理由をいくつか取り上げます。



造園とAI 設計プロセスでの人工知能の使用

コラージュは、アイデアを生み出すためのツールです。それは、物事を考え、創造し、表現し、理解するための方法です。コラージュは、あなたのアイデアを抽象的な方法で視覚化することができます。また、あなたの想像力にプラスさせ、異なる材料を試し、新しい方法でそれらを組み合わせる機会を提供します。


コラージュという言葉は、フランス語で「接着する」「貼り付ける」という意味のcollerに由来しています。コラージュは、紙や布、写真などの素材を切り抜き、別の面(通常は紙)に貼り付けて作品を作るというのが最も基本的な形です。この技法は、素材に制約のある中で芸術的な表現をしたい人なら誰でもできるものですが、歴史的に見ると、この技法を中心に発展してきた様々なスタイルがあります。また、1種類の材料で制作することを好むアーティストもいれば、完成後の作品のイメージによって複数の材料を使用するアーティストもいます。


ランドスケープデザインの新しい技術


ランドスケープデザインの分野では、新しい技術により、個性的でパーソナライズされた景観を作り出すことが可能になりました。これらは以下の通りです。

  • 人工知能(AI)

  • 3Dプリンティング

  • バーチャルリアリティ(VR)

AIを景観設計に活用することは、データの収集・処理・分析を自動化し、多くの用途に活用できる点でメリットがあります。しかし、自然を正確にシミュレートできない、感情や文化など人間の要素を考慮できないなど、AIを使うことによるデメリットも少なからず存在します。


造園における人工知能の役割


人工知能(AI)とは、人間の知性を模倣した技術です。アルゴリズムを用いて特定の作業を自動化し、さまざまな産業における意思決定に役立てることができます。AIは大量のデータを処理する能力があるため、デザイナーが大量の情報を自力で分析するよりも早く、分析することができます。


ランドスケープデザインにおけるAIの活用は、1900年代初頭から行われていましたが、本格的に主流となったのは最近です。現在、AIは単に物体を識別するだけでなく、言葉や行動から感情や文脈を理解できるように進化しており、これはディープラーニングと呼ばれるものです。


近年、人工知能が多くの人々の関心を集めています。自動運転車からAlexaやSiriのような音声アシスタントまで、人工知能(AI)は私たちの日常生活に溶け込み始めているのです。AIはまだSFの世界の話だと思われるかもしれませんが、実はデザインプロセスに影響を与えることができ、実際、すでに影響を与えているのです。ここでは、AIがランドスケープデザインにどのように活用されているかをご紹介します。

  • 人工知能は、一定のパラメータに基づいて新しいアイデアやイメージを生成することで、デザインプロセスを支援することができます。デザイナーがプロジェクトのキーワードを見つけたり、過去のデザインを分析したり、うまくいったもの、うまくいかなかったものをもとに新しいデザインを生み出す手助けをすることができるのです。

設計やプランニング。設計・計画:敷地内のデータを分析し、その土地の気候や土壌条件などに合わせて最適な景観設計を行うことができます。


植物の識別と管理。植物を識別し、水やり、施肥、害虫駆除などの手入れ方法を提案することができます。


メンテナンス。草刈り、刈り込み、水やりなどの作業を自動化し、手作業の必要性を減らして効率化を図ることができます。


灌漑。AIを利用して灌漑システムを最適化することで、節水や植物の健康増進に役立てることができます。


全体として、造園業界におけるAIの利用は、効率性の向上、コスト削減、造園設計とメンテナンスの品質向上をもたらす可能性があります。ただし、この業界にAIを導入する前に、雇用などに対する潜在的な影響を慎重に検討することが重要である。


下の画像はMidjourneyという、挿入したキーワードの組み合わせに応じて、画像をレンダリングする AI Web ベースのサービスです。「OpenAI のDALL-EやオープンソースのStable Diffusionに似た、テキスト記述から画像を作成する独自の人工知能プログラムを生成します。」


キーワード 紫陽花 ガクアジサイ 日本固有種 と入力。(英語)



Midjourneyという、挿入したキーワードの組み合わせに応じて、画像をレンダリングする AI Web ベースのサービスです。


人工知能は、一定のパラメータに基づいて新しいアイデアやイメージを生成することで、デザインプロセスを支援することができます。デザイナーがプロジェクトのキーワードを見つけたり、過去のデザインを分析したり、うまくいったもの、うまくいかなかったものをもとに新しいデザインを生み出す手助けをすることができるのです。


人工知能は、新しいデザインの創造や既存のデザインの分析をより効率的に行うことを可能にし、すでにランドスケープ・アーキテクチャーにその足跡を残し始めています。AIを使えば、膨大な量のデータを手作業で精査することなく、「なぜ、あるものが他のものより優れているのか」という結論を導き出すことができます。


このような洞察は、過去のプロジェクトの履歴データから、入力データとして無効にならない程度に類似しているが、特定の条件下ですべてのプロジェクトがまったく同じ挙動をするという考えに迷わない程度の違いを学習してアルゴリズムを生成することにより自動的にもたらされます(これは設計者にとって非常に困難なことです)。


上の画像は、「樹木を詳しく図解で表す」というキーワードに従って作成されました。

上の画像は、「樹木を詳しく図解で表す」というキーワードに従って作成されました。 キーワードが

詳細なほど、イメージが具体的になるので、キーワード選定も大事になってきます。


このようにAIを活用し、庭のデザイン、アイデアの創出など無限大の可能性があると感じます。


では、これからのランドスケープデザインはどうなっていくのでしょうか。



これからのランドスケープデザインはどうなっていくのでしょうか。


人工知能が人間の体験にどのような影響を与えるかを考慮する必要があります。


私たちは、現場の職人としてや、デザイナーやプランナーとしての権限を奪われないよう、責任を持ってこれらのツールを使用する方法を学ばなければなりません。


さらに、これらのテクノロジーは、伝統的な景観建築のような既存の手法とどのように併用し、古い手法に新しい視点を提供できるかを検討する必要があります。


Kommentare


bottom of page