top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

子供たちに森林の魅力を 森林環境教育 


子供たちに森林の魅力を 森林環境教育 

森林環境教育とは、森林と人々の暮らし、そして環境との関係に着目した環境教育です。森林環境教育では、森林が気候変動にどのような影響を与えるのか、森林を豊かにするために人間は何ができるのか、経済と自然との関係はどうなっているのかを学びます。また、森林が生態系の健全性を維持しながら、人間が持続的に利用できる方法についての情報を提供することで、森林資源を守り、大切にすることを奨励しています。


森林環境教育とは?


森林環境教育とは、森林でのさまざまな体験活動を通じて、森林と人々の暮らしや環境との関わりについて理解や関心を深めることを目的とした教育です。


森林環境教育の目的は、個人、グループ、コミュニティが、将来の世代のための保全ニーズと現在の人間のニーズの両方を考慮しながら、自然とともに平和に暮らす方法を模索することです。


森林環境教育と森・人・環境の関係


森林環境教育とは、森林と人々の暮らし、環境との関わりを理解し、行動できるようにすることを目的としています。森林環境教育のコンセプトは、主に4つの要因から生まれました。

  • 林業の低迷により日本の森林が荒廃している「森林・林業問題」。

  • 若者から大人まで、環境に配慮したライフスタイルへの関心が高まっていること。

  • 社会で必要とされる実践的な技術(森林に関する技術も含む)を習得するための職業訓練の需要が高まっていること。

  • 自然災害(治水など)による被災地でのボランティア活動や遠足など、子どもたちが地域や社会について直接学べる機会を提供したいという教育関係者の要望。

森林環境教育で何ができるようになるのか?

  • 森林の価値と意義を理解する。

  • 森林破壊を防ぐために、自分自身の行動を見直す。

  • 森林環境管理の改善につなげる

  • 循環型社会の実現に向けて、自分に何ができるかを考える。

森林環境教育の種類


森林環境教育とは、単に森林を訪れ、その多面的な機能を肌で感じるだけではありません。植物や動物、その他の自然資源の大切さを教えるために利用されます。森林環境教育のプログラムは地域によって異なりますが、ハイキング、木の識別、鳥の観察などのアクティビティが多く含まれています。多くの学校では、生徒が野外で学びながら自然を探検できる野外教室を提供しています。


地域の森林の中には、学校教育の場で森林の生態系を研究したり、仕事をしたりするオプションを開発しているところもあります。このような機会は、サマーキャンプや1学期のプロジェクトを通じて提供され、生徒は葉などから(リーフリターとも呼ばれる)から木の種類を特定する方法を学ぶ実地体験をすることができます。また、地域の植物学者と協力して、その土地に自生する植物についての教育を行い、そこに住む人々が地域社会の中で保護すべきものをよりよく理解できるようにすることもできます。


森林環境教育ってどんなプログラム?


森林環境教育とは、森林でのさまざまな体験活動を通じて、森林と人々の暮らしや環境との関わりについて理解や関心を深めてもらうことを目的としたプログラムです。活動は、参加者一人ひとりの目的や興味に合わせて、森の歴史や文化、資源などを中心に行われます。このような活動を通じて、参加者が自然に対する感謝の気持ちを育むとともに、日本固有の森林を守るために積極的に参加することを目的としています。


森林環境教育が目指すもの

  • 森林の持つ様々な機能の価値と意義を理解する。

  • 森林と人々の生活や環境との関わりについて理解と関心を深める。

森林環境教育は、森林と人々の暮らしや環境との関わりを理解し、行動できるようにすることを目的としています。


森林環境教育は、森林と人々の暮らし、環境との関わりを理解し、行動できるようにすることを目的としています。森林教育プログラムは、生徒や教師をはじめ、すべての人が自然とともに森林について学ぶ機会を提供します。 



Comments


bottom of page