top of page
  • 執筆者の写真三重県剪定伐採お庭のお手入れ専門店 剪定屋空

森林がマイクロプラスチック汚染対策の新たな主役に~日本女子大学の研究が明らかにした森林の驚くべき浄化能力~



日本女子大学を中心とする研究グループが、森林が大気中のマイクロプラスチックを捕捉し、人間の健康リスクを低減する可能性を明らかにした。この発見は、森林保全と管理の重要性を再認識させ、環境保全と公衆衛生の分野に新たな視点を提供してくれます。


森林の驚くべき浄化能力



森林が大気中のマイクロプラスチックを捕捉することについての重要性を浮き彫りにする日本女子大学中心の研究グループによる画期的な発見は、環境保護と公衆衛生の分野における新たな里程標となりました。この研究は、大気中に浮遊する微細なプラスチック片、いわゆるマイクロプラスチックが、樹木の葉の表面に存在する蝋質の層、エピクチクラワックスによって吸着されることを明らかにしました。これは、森林が我々の周囲の空気を浄化し、人間にとってのマイクロプラスチック吸入リスクを軽減する可能性を示唆するものです。


マイクロプラスチックとは何か


森林が大気中のマイクロプラスチックを捕捉


マイクロプラスチックは、直径が5ミリメートル以下の小さなプラスチック片であり、その中でも特に100マイクロメートル(μm)以下のものは、大気中に浮遊しやすくなっています。これらは、衣類の洗濯、化粧品の使用、プラスチック製品の劣化など、日常生活の様々な活動から発生します。一度環境に放出されると、海洋、陸地、そして大気中に広がり、生態系や人間の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。


研究の背景


従来の研究では、海洋や河川などの水域におけるマイクロプラスチックの蓄積が主に焦点となっていました。しかし、人々が日常的に呼吸する空気中にもマイクロプラスチックが存在し、これが人体に摂取される主要な経路の一つであることが近年指摘されています。このことは、空気中のマイクロプラスチックに対する認識とその管理の必要性を高めましたが、具体的な捕捉メカニズムや、それを減少させる自然界の役割についてはほとんど分かっていませんでした。


研究内容と発見


本研究では、日本女子大学の西生田キャンパス内に位置する森林地帯に着目し、主にコナラの葉を採取しました。研究チームは、葉面に捕捉されたマイクロプラスチックを分析する新しい手法を開発し、エピクチクラワックスによってマイクロプラスチックがどの程度吸着されるかを調査しました。

研究結果から、マイクロプラスチックはエピクチクラワックスに強く吸着し、従来の洗浄方法では十分に除去できないことがわかりました。これにより、森林が大気中のマイクロプラスチックを効果的に捕捉するシンク(吸収源)として機能する可能性が示されました。また、このメカニズムを通じて、森林が人類にとってのマイクロプラスチック吸入リスクを低減させる新たな重要な役割を果たしていることが明らかになりました。


社会的意義と今後の課題


この発見は、都市域やその周辺の森林、さらには街路樹や公園内の樹木が、マイクロプラスチック大気汚染対策において重要な役割を果たすことを示唆しています。バイオレメディエーション、つまり生物学的な手法を用いて環境問題を解決するアプローチが、マイクロプラスチック問題においても有効であることを示しています。


しかし、同時に、森林が捕捉したマイクロプラスチックが、落葉と共に地面に落ち、土壌や水系に蓄積し、最終的には森林生態系を破壊する可能性も指摘されています。したがって、今後はマイクロプラスチックが環境に及ぼす影響をより深く理解し、これを管理するための総合的な戦略の開発が求められます。


森林のマイクロプラスチック捕捉能力


森林が大気中のマイクロプラスチックを捕捉する能力は、樹木の葉の表面に存在するエピクチクラワックスという蝋質の層によるものであることが、この研究によって示されました。エピクチクラワックスは、植物が外部環境から自身を保護するために発達した特別な構造であり、水分の過度な蒸発を防ぐとともに、有害物質の侵入を阻止する役割を果たしています。この研究では、エピクチクラワックスがマイクロプラスチック粒子を物理的に吸着し、これを大気から除去することができることが明らかになりました。


マイクロプラスチック問題と森林保全


マイクロプラスチックの問題は、近年、全世界で急速に認識が高まっている環境問題の一つです。海洋だけでなく、陸上や大気中にも広がっていることが知られるようになり、その健康への潜在的影響が懸念されています。森林が大気中のマイクロプラスチックを捕捉することができるという発見は、森林保全が単に生物多様性を保護するだけでなく、人間の健康を守る上でも重要であることを示唆しています。このため、森林を守り、適切に管理することが、環境保全と公衆衛生の両方にとって重要な戦略となります。



マイクロプラスチック問題と森林保全


先日山の手入れでお伺いさせていただいた森林になる桜と松。日本の原風景ともいえる美しい光景です。三重県の森林面積は県土の約65%。日本有数の森林県で、多様な生態系を育んでいます。


特に、針葉樹林と広葉樹林の混交配置が特徴的。赤松林、アカマツ-コナラ林、ブナ林など、多彩な森林が存在します。


それぞれの森林には、固有の生きものが暮らしています。例えば、アカマツ-コナラ林にはニホンリスが生息。豊かな生態系が育まれているのです。森林の葉は、大気中を漂うマイクロプラスチックを捕捉し、私たちの健康を守ってくれている役割も担っています。


森林管理の重要性が、さらに高まって来る中。適切な間伐や下草刈りを行い、健全な森林を育てていくことが、生物多様性の保全とともに、マイクロプラスチック対策にもつながります。


森林を通じたバイオレメディエーション



森林を通じたバイオレメディエーション


この研究が示唆するもう一つの重要な側面は、森林を利用したバイオレメディエーション、つまり生物を利用した環境浄化の可能性です。都市部やその周辺の森林、さらに街路樹や公園の樹木が、大気汚染物質の自然な浄化システムとして機能することができることから、環境保護政策や都市計画においても、これらの自然の浄化システムを積極的に取り入れることが求められます。


この発見により、森林が大気中のマイクロプラスチックを捕捉する具体的なメカニズムが明らかになりましたが、さらなる研究が必要とされています。例えば、異なる種類の樹木や様々な環境条件下での捕捉効率の比較、捕捉されたマイクロプラスチックが森林生態系にどのような影響を与えるかの調査、さらには、捕捉されたマイクロプラスチックを安全に処理する方法の開発などが挙げられます。また、森林以外にも、都市部の緑地や屋上緑化など、新たなマイクロプラスチック捕捉システムの開発も重要な研究分野になると言われています。



森林が大気中のマイクロプラスチックを捕捉する能力を明らかにしたこの研究は、環境保全と公衆衛生の観点から非常に重要な意味を持ちます。森林保全と適切な管理を通じて、より健康的で持続可能な環境を実現するための新たな戦略が示されたと言えるでしょう。さらなる研究と技術の進展により、我々は自然との共生を深め、地球環境問題に対するより効果的な解決策を見出すことが期待されます。


アルネ・ネスは、「深い生態学的理解を通じて、自然との調和の取れた関係を築くことができる」と述

べました。この研究は、自然界が持つ驚異の力を理解し、それを人類の福祉に役立てることの重要性を改めて教えてくれます。私たち一人一人が自然保護のためにできることを考え、行動に移すことが、より良い未来への第一歩となるでしょう。


参考資料・出典元


  • 本研究成果は、『Environmental Chemistry Letters』誌に掲載されました。論文名は「Alkaline extraction yields a higher number of microplastics in forest canopy leaves: implication for microplastic storage」です。


  • この研究は、日本女子大学大学院理学研究科の宮崎あかね教授、同理学研究科の須永奈都博士課程前期学生、早稲田大学理工学術院の大河内博教授、およびPerkinElmer Japan合同会社の新居田恭弘氏による研究グループによって行われました。

  • 論文掲載URL:https://doi.org/10.1007/s10311-024-01725-3

Comentários


bottom of page