top of page

ワレモコウ(我吾紅)


秋の野に小さくて渋い紅色の実のような花を咲かせるワレモコウ。


ワレモコウ

あの赤い部分は花びらではなく実はガク。

割れ木爪(帽額)というのが和名で、名前の由来には、平安時代に額に被った帽額(もこう)に似ているから名付けられたという説と、「我もこうありたい」という思いを込めて名付けられたものだという説もあります。

日本でも一般的な野草として知られていて、秋の花束によく加えられたりして私たちの目を楽しませてくれますね。

秋の七種には入っていないのが少し不思議な感じがします。

お日様と水が大好きなので、その2つに気を付けると比較的育てやすい花です。

最近では寄せ植用に色々な園芸品種が売られていて、選ぶ楽しみもありますよ。

ワレモコウの花言葉は『変化』『移り行く日々』『物思い』『明日への期待』

『憧れ』『移ろい』

季節の移ろいをワレモコウと共に楽しみませんか?

댓글


bottom of page